フケ シャンプー おすすめ

おすすめのシャンプーと、使ってはいけないシャンプーを比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加   
とまぁ、タイトル通りなんですが大手メーカーを敵に回す気マンマンな感じになるかもしれません(笑)

 

おすすめのシャンプーは、ロックイオンナチュラルシャンプーを
使っては行けないシャンプーは、H&Sヘッドスパモイスチャーを選びました

 

まずは成分から比較してみましょうか。まずはロックイオンナチュラルシャンプーから

 

いいシャンプーと悪いシャンプーを成分で比較してみた

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、BG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、岩石抽出物、ブッソウゲ葉エキス、ラミナリアオクロロイカエキス、フムスエキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、ベタイン、ポリクオタニウム-10、ノバラ油、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール

 

メインになっている成分は、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、BG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNA。簡単に1つずつ成分の説明をしていきましょう

 

まず、水の次に配合量が多いココイルグルタミン酸TEA。アミノ酸系洗浄成分の代表とも言える成分のひとつ
頭皮と髪に対する刺激の少なさ、控えめな洗浄力ながらコンディショニング効果や毛髪の吸着力が高いのが特徴

 

ふたつ目のコカミドDEAは洗浄効果は持ちますが、メインは泡立ちを強化すること
とてもクリーミーな仕上がりにすることができるので、コカミドDが入っていればある程度洗いやすさが保証されるといった感じ
このコカミドDEAですが、多少曰くつきの成分で1997年に発がん性があると言われてある程度制限されています。調べてみればある程度わかると思います
ただ、20年近く経っても関係性が立証されていないので、正直なところ気にしなくていいと思ってます。発がん性はありまぁす!(根拠はない)

 

みっつ目のBGはブチレングリコールという保湿剤。頭皮の保湿だけではなく、シャンプーに対して防腐効果も持つ成分
防腐効果というとエタノールが挙がりますが、比べてみるとやはり低刺激で頭皮にダメージを与えないので、アミノ酸シャンプーでは多々使われます

 

最後のジラウロイルグルタミン酸リシンNaは別名ペリセアとも呼ばれる成分
ダメージを受けた髪に内部から浸透して、ものの1分で毛髪内部に浸透した上に髪の表面にも働きかけるほど
ヘアケアに最適な成分として注目を受けていて、高い浸透性、剥がれたキューティクルへの高い吸着性など、かなり高性能
ただ、カラーの色落ちが激しいという話も聞いたことがあるので、良しも悪しも要注目の成分でもあると思っています

 

とこんなところです。あとはロックイオンの名前の由来である岩石抽出物・・・火山岩から始まり並び立つエキス類
それが終わると、ベタインから始まる成分で、ちょちょいとサポートさせるための成分を配合という作りになっています
後半成分のどれも基本的に無害で、毒性や副作用がない成分ばかり

 

ダメージをケアすること、保湿させること、キューティクルを修復すること、頭皮のコンディショニングを整え栄養を与えること

 

こうした意図で作られているのが、成分からだと予想できます
ただ、成分表は目安でしかないのできちんとした配合量を見ない限り断定はできないので、あくまで予想です

 

では次にH&Sヘッドスパモイスチャーの成分表を見てみましょう

 

ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液ラウリル硫酸アンモニウム、塩化ナトリウム、ジステアリン酸エチレングリコール、高重合メチルポリシロキサン(1)、セタノール、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、香料、塩化O-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)グァーガム、 クエン酸ナトリウム、α-オレフィンオリゴマー、安息香酸ナトリウム、トリ(カプリル酸/カプリン酸)トリメチロール プロパン、無水クエン酸、ベンジルアルコール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン液、キシレンス ルホン酸アンモニウム液、精製水

 

まずはポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液、ラウリル硫酸アンモニウムの2つ・・・

 

デデーン ヘッドスパモイスチャー、アウトー タイキックー

 

メイン成分がこの2つ。どちらも明確に避けたほうがいい成分で、髪と頭皮にとっては百害あって一利なし
もはやそれ以上何も言えることがないので、次に行きましょう

 

みっつ目の塩化ナトリウムは問題なし。塩ですからね。毒があったらえらいことになります
次のジステアリン酸エチレングリコールは髪に光沢を出したりします。ただ髪を補修したり保湿したりすることは一切なし
とりあえず見た目の光沢を出したいときに使われる成分ですね
高重合メチルポリシロキサン(1)はシリコンですね。髪の手触りを良くしますが、補修したり保湿したりはしないです

 

セタノールはリンスなどに使われる油剤で乳化安定させ、頭皮のコンディショニングを整え髪のツヤ、滑りを向上させるなどプラス効果を持ちます
ここにきてようやくプラス効果持ちの成分が出てきます。ちょっと感慨深くなりました

 

ここからは逆にプラス効果のみの成分を上げましょうか

 

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドはコカミドDEAの別名義。詳しくは上を参照
塩化O-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)グァーガムがきしみの改善、毛髪の柔軟性アップなどの効果を持ち
α-オレフィンオリゴマーはセタノールとほぼ同様で
後ろの方の成分はほとんどが防腐剤だったり、シャンプーが腐らないようにするものばかりなので割合します

 

マイナス成分ばかりではなく、セタノールやα-オレフィンオリゴマーなどの成分もありますが
メイン成分のふたつが強烈すぎて、どれほどプラスのものを持ってきてもプラマイゼロくらいにしか持っていけないような作りになってしまっています

 

目に見えるマイナス成分を徹底的に排除したロックイオンと、徹底したのは価格だけだったヘッドスパモイスチャー
比較してみると、ロックイオンにどれほどプラスがあり、ヘッドスパモイスチャーにマイナスがあるかお分かりかと思います

 

成分についての結論もそこそこに、次の比較に行ってみましょう!

 

いいシャンプーと悪いシャンプーを価格で比較してみた

次に価格比較です。どっちが安いかは言わずもがなですけどね(笑)ではどうぞ!

 

・ロックイオン、500ml、4.536円(定期便だと4.082円)
・ヘッドスパモイスチャー、530ml、950円(amazon定期便だと855円)

 

なんと驚きの約1/5の価格!これは安い!めちゃくちゃ安い!なら、使うしか・・・ないかはまた別問題、と
あくまでも価格の安さで比較した場合でしかないんですが安さを徹底的に追求した場合、これに勝るものはありません

 

はい、では価格はヘッドスパの大勝となりましたー。さすがの安さといえますね!(使うかどうかは別問題として)

 

成分に比べると文字が少なくなりました。そりゃ安いですね!としかいえませんからね・・・

 

いいシャンプーと悪いシャンプーの宣伝方法を比較してみた

ロックイオンシャンプーとヘッドスパモイスチャー、どちらが有名かというと当然"H&S"という大手P&Gが販売するシャンプーであるヘッドスパモイスチャーです
歴史が違うのもありますから当たり前ですが、目に触れる回数自体が段違い
その宣伝方法は本や街頭での広告、CM、イメージモデルを起用したりと多数に渡ります。H&Sの場合、他の大手シャンプーに比べるとまだ宣伝は少ない方
資生堂のツバキの場合、春夏秋とバージョンが有りイメージモデルにも福山雅治、杏、鈴木京香など複数のタレントを起用してバージョン違いのCMをバンバン流していたりとかなり積極的

 

逆にロックイオンシャンプーはどういう宣伝をしているかというと、ほとんどしてないんですよね
株式会社joyプランが作っているロックイオンシャンプー。資本金300万、本社は福岡、人数も中小企業程度なので、大企業のようにCMなどの宣伝をすることができません

 

広告を打つ、宣伝方法に関しても、ヘッドスパモイスチャーがロックイオンに比べると断然有利です

 

なぜいいシャンプーは良くて、悪いシャンプーは悪いのか

 

こうしたいいシャンプーと悪いシャンプーとくらべていると考える疑問は
何故大手が悪いものを作ってて、中小がいいものを作っているのか、というところだと思います

 

この点に関しては大手の生産パワーといいますか、売るために大量に生産する地力があります
ですが、中小の場合そうした大量生産に対応できる資金や素材が限られてしまうので、シャンプーの中身と成分に重きを置いてひとつ売ることを大切にしているのではないでしょうか
いい評価を得ることが次の口コミやリピーターを作り、ひとつひとつ売ることを主とすること
片や知名度は十分、シャンプーも世に広まっているので後は露出を増やして数を売りに行くこと

 

売ることと数に拘ってしまった悪いシャンプーと、売ることとまた買いたいと思わせるよう頑張るいいシャンプー

 

どちらを選ぶのがいいかというと、もちろんいいシャンプーであるロックイオンだと私は声を大にして言いますが
価格の安さと大企業が作っているという事実、相応の信頼度は相当大きいとも思うので、事実使ってみた感想なんかも参考にしてもらうと最初の不安を消せるかもしれません

 

フケ用おすすめのシャンプー