シャンプー 冬 乾燥

冬は乾燥の季節。シャンプーも同じだとフケの後押しにも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/08/31 更新日2016/08/31

 

冬といえば乾燥。乾燥と言えばフケ。冬はシャンプーだけに限らず、乾燥を招きやすいので他の季節に比べて1.5倍ほどフケとかゆみに悩まされる季節
何の対策もせずに暖房器具でポカポカになりながら過ごしていると、知らないうちにダメージを受けてフケが出てしまい、回復せずに春を迎える、なんてことも十分にあり得ます
ましてやもしあなたが市販の洗浄力が強力なシャンプーを使っていた場合、フケができる後押しをあなた自身でやってしまっていることになります
私自身乾燥しやすい上に寒がりで冬にはヒーターが欠かせません。今は対策をしてある程度は抑えられるようにしましたが、普通に生活しているとかゆくなりますし、寝るときがほんとに辛いので、秋頃から先に用意しておくことが大事になってきます

 

冬専用のシ乾燥よけャンプーを先に備えておく

 

冬におすすめのシャンプーはハイビスカスシャンプー。詳しいお話はこちらでお伝えしています!
洗浄力の強い市販シャンプーとは正反対。逆に洗浄力はアミノ酸系シャンプーよりも弱いので、頭皮が脂っぽくなりやすい人は逆に使わないで下さいと言うほどです^^;
デメリットも多くありますが、ハイビスカスシャンプーが本領発揮する冬はそんなデメリットをはねのけるほど多くのメリットで頭皮を乾燥から守ります

 

・保湿・保水が万全なので使っているだけで乾燥を防げる
・冬は頭皮が脂っぽくなりにくく、洗浄力の弱さも気になりにくい

 

いい部分が目立ち、悪い部分は見えにくくなるので、冬に一本持っておくだけでも全然違います!
匂いもどちらかというと無臭に近いので特に気にならないので、男性女性、年齢も関係なく使えるので、冬に乾燥で悩まされる方は一度試してみてください^^

 

<詳細はこちら>

 

冬と乾燥対策 水分を保持させる!

ここからは、誰でも知っているようなことですが、やっておくと心なしか乾燥の影響を多少はマシにできることはたくさんあります

 

・加湿器があれば活用する

・部屋に水入りコップを用意しておく
・タオルを濡らして絞り、近場に置いておく
・石油ストーブやガスファンヒーターを使う
・湿度計を設置して湿度50度から60度を保つようにする

 

こんな感じですかね。誰でも知っていて、やっていることでもあると思いますが、項目として見てみるとまた違うと思いませんか?
人にもよりますが、生活の中で一番過ごすことが長い自分の家、部屋を徹底して乾燥を防げばダメージもある程度防げます
特に寝る前は大事ですね。寝ている間は頭皮は休憩していなければいけないのですが、乾燥が進めばケアもままならなくなります

 

毎日の積み重ねはとても大事です。悪い方に積み重ねてしまうとフケだけではなく乾燥からくる頭皮の異常にも繋がるので、あなた自身の髪と頭皮を守り、フケからあなた自身を守っていくために、実践してみてください!

 

冬の乾燥 まずはシャンプーから!

冬を迎える前に準備するとしたら、効果が大きくて手っ取り早く用意できるシャンプーからです
水分保持はあくまでダメージを防ぐことが目的であって、マイナスをプラスマイナス0に持っていく程度ですが
シャンプーの場合はものによっては、明確なマイナスをプラスにまで持っていけるのでやはりシャンプーを変えるのは大きいと思います♪

 

用意するなら、秋から冬の始まり。冬は乾燥からフケ、頭皮へのダメージから髪へのダメージ、男性なら薄毛、女性なら髪のツヤやハリ。髪は見た目を左右する大事な場所
冬だから、乾燥するから・・・というだけでわざわざダメージを食らってあげなければいけない理由はありませんよね
何度もしつこいかもしれませんが(笑)気になる方はぜひ一度ハイビスカスシャンプー、試してみてください!

 

<詳細はこちら>

当サイトイチオシのシャンプー

アロマのやさしさ

 アロマのやさしさ

頭皮へのやさしさ、使う人へのやさしさ。アロマの名前の通り、ふんわりとしたアロマの匂いと雰囲気を持ったシャンプー
ダメージケア、保湿力アップ、泡立ちの良さも合わせて、使う側のことを"よく分かっている"シャンプーです