フケ シャンプー 回数

シャンプーの回数によってはフケの元?

朝起きて、髪がベタベタしてる気がして朝シャンする
夜帰ってきて、髪が汚れている気がしてシャンプーする
ちょっと出かける前に、軽くシャンプーする

 

刺激が強いシャンプー、刺激が弱いシャンプー関係なく、シャンプーは回数を重ねすぎるとダメージの元
フケからかゆみ、髪のハリ・ツヤを奪い、頭皮の乾燥、炎症、果てに抜け毛とおなじみの症状にお出迎えされてしまいます^^;

 

どんな場面、どんなときでも、男性女性関係なくシャンプーの回数を増やすのはダメです。百害あって一利なし。他の記事でもお話していますが、何一つメリットがありません
今は昔よりも清潔さが求められます。ちょっと脂っぽい、フケっぽいだけでも印象を悪くして敬遠されることだってあるわけですから、とても難しい問題ですがそれらの問題を考えても、やはりオススメできません

 

そもそも、1日に2回も3回もシャンプーをすること自体間違っています。傷ついた肌に塩を塗って放置するようなものです。いつまで経っても傷が残ったままです・・・

 

今の時代は昔とは違い、髪が傷みやすい環境が作られてしまっています
昔はカラーやパーマは存在しませんでした。シャンプーだってそうです
私たちは知らず知らずのうちに頭皮と髪の命を削り、新しい髪が生まれる環境を少しずつ壊してしまっています
昔と比べて、全体的に頭皮にダメージが蓄積した人が多いので性別や環境に関係なく、どんな人でもシャンプーの回数を増やすのは命取りになりかねません

 

シャンプーの回数と皮脂とフケ 〜適度なシャンプーが髪を救う

シャンプーはRPG風に例えるなら魔法や必殺技です。体力や魔法力を削るリスクがある変わりに、大きなダメージを与えたりすることができるメリットがある
使い過ぎると、ガス欠になって大切な場面で使えなくなって戦えなくなってしまうなど、少しのリスクの積み重ねで大きなリスクになってしまうのも、通じる点ではないでしょうか
シャンプーの場合はリスクは頭皮と髪へのダメージ。メリットは素早い洗浄。大きなデメリットは上でも挙げた数々の症状

 

ゲームしない人はわかりにくくてごめんなさい(笑)ゲームやる人なら分かると思いますが、魔法もシャンプーも適度に使えばいいじゃんってことです♪(笑)
シャンプーに関連してくるのは皮脂。頭皮のバリアであり、酸化すると細菌のエサにもなってしまう難しいやつです
洗いすぎるとバリアが無くなり、洗わなすぎると酸化しやすくなります。頭皮にバリアを張りつつ、細菌のエサにしないためにはシャンプーをするタイミングが重要

 

@日中は皮脂のバリアで守られる→A夜に酸化し始めた皮脂をシャンプーで洗い流す→B睡眠時に皮脂が分泌して朝に→最初に戻る

 

Bのあと朝にシャンプーすると、日中守ってくれるはずの皮脂のバリアが流れ落ちてしまいます。結果頭皮は紫外線やゴミの餌食に・・・
逆に夜シャンプーをしないと、酸化したままの皮脂がやんちゃして、結果頭皮は酸化した皮脂や残ったままの餌食に・・・

 

餌食にとは言っていますが、流石に1日2日で全部変わるわけではありません
ただ、こうした積み重ねが起こりやすいのが今の私たちの頭皮の環境でもあるので、できるかぎり無用なダメージを防ぐのが一番です

 

シャンプーと回数 湯シャンのススメ

個人的に私がオススメしたいのは湯シャンです。"シャンプーを使わない" のは結構答えの1つだと思うんですよね。方法については

 

>>湯シャンとフケのススメ

 

時間さえかけて、ちゃんと洗えれば頭皮にダメージ無し、皮脂もそれなりに流せます
ダメージカットするためになかなかオススメです。私も2日か3日に1回は湯シャンで時間をかけて洗うことがありますが、かゆみやベタつきは気にならないですね

 

ただし、弱点も多くて、それなりに洗い流せても十分に洗い流すためにはちょっと届きません
上のページでもお話していますが、とにかく時間がかかるんですよねー。疲れてるときや眠いときは絶対にやりたくないです(笑)

 

いきなりシャンプーをなくして完全湯シャン生活は無理だと思うので、1週間に2回、もちろん連日ではなく間隔をあけるなど制限してはじめてみるといいと思います

 

当サイトイチオシのシャンプー

アロマのやさしさ

 アロマのやさしさ

頭皮へのやさしさ、使う人へのやさしさ。アロマの名前の通り、ふんわりとしたアロマの匂いと雰囲気を持ったシャンプー
ダメージケア、保湿力アップ、泡立ちの良さも合わせて、使う側のことを"よく分かっている"シャンプーです