フケ 年齢

意外と気になるフケと年齢の関係

10代で目立ちやすいフケの原因

10代期にフケの原因になりやすいのは、上でもお話したようにホルモンバランスの異常からくる皮脂の分泌量の増加が主
同じ原因になりやすいのはニキビ。この時期はフケよりもニキビの方が目立ちやすいですね
それにプラス、知識がないことが多いので対処法が分からず改善できないまま放置してしまうこと
10代と言えば当然思春期なので、こうした悩みを相談できずに余計にストレスを抱えてしまうことも・・・

 

10代で目立つのはこうした悪循環が重なり、対処法を知らないまま20代を超えること。私はこのパターンでしたね(笑)

 

知識の無さ、対処ができない、というのは結構致命的で、当サイトでは市販シャンプーを避けろ!と口を酸っぱくして言い続けていますが
10代の時期にシャンプーを変えるのは、ご両親の承諾も必要になりますからね。改善するための選択肢が狭まってしまいます
逆にご両親からすると、10代の子にシャンプーを変えよう!というのも納得してもらえるかというと・・・ホント難しいですね^^;

 

健康に対しての意識も20代以降に比べると薄いですよね
いくら身体的に回復が早くても限度があります。生活習慣の乱れとホルモンバランスの異常が重なり合えば、十分に

 

・洗髪の方法、乾かす方法を学ぶ
・生活習慣はしっかり保つ、睡眠、食事、ストレスの解消・・・大事です

 

10代でフケの改善・予防におすすめのシャンプー
・アロマのやさしさ
・ラフィーシャンプー
どちらもアミノ酸シャンプーの中ではコスパに優れているので、まだ・・・頼みやすい方でしょうか?
ただ、もし、仮に、ここをご覧になっているあなたが10代でしたら、フケの改善はまとめに書いたように洗髪方や生活習慣の改善から取り組みましょう!
シャンプー1つで劇的に改善する、ということはありません。フケは色々な要素の積み重ねです
当サイトではシャンプーを買って欲しいのではなく、フケの改善にシャンプーを役立ててほしい、というスタンスなので
改善法を試してみて、ダメなら皮膚科へ行ってみる方がずっと早いと思います
安易にシャンプーに頼らず、まずはご自身で対処できるかどうかを考えてみてからでも遅くありません
めちゃくちゃ偉そうな言い方になってしまいますが、効率よく改善するのは20代を過ぎてからでも十分
シャンプーはあくまでおまけとして考えて、まずは取り組んでみてください^^

 

20代で目立ちやすいフケの原因

心身ともに充実し、一番トラブルとは無縁な時期。10代の時期に持っていた原因はある程度は治まり、まだまだ回復力も高いので、20代特有のフケの原因と言うのはありません
・・・ありませんが、30代以降の分かれ道になるのは20代
10代の時期に抱えていた悩みを放置していたり、生活習慣が乱れたまま過ごすと20代の時期は身体的に問題はなくとも、内部的には積み重なっていきます
特に頭皮は問題が見えにくい場所。"若いから" で済ませていたことは後々響いてきます
健康であるからこそ、健康を保つ意識と行動が必要になるのが20代です
逆に言うなら20代の頃にしっかりと取り組めていれば、フケを始め頭皮のトラブルを抱えてしまう可能性は十分下げられます!
そういった意味でも大事な時期ですね

 

・10代同様生活習慣はしっかり保ち、洗髪もきっちりする
・ストレス、睡眠不足など20代で目立ちやすくなる点へのフォローも忘れずに

 

20代でフケの改善・予防におすすめのシャンプー
・アミノ酸シャンプー uruotte
・くちゃの恵み(頭皮用せっけん)

 

20代の時期は効果がしっかりしたアミノ酸シャンプーがおすすめです
uruotteはトータルバランスに優れ、くちゃの恵みはフケ専門の頭皮用せっけん(シャンプーではないのですが・・・)
どちらも優れたシャンプーで、保湿、保水、修繕など

 

30代で目立ちやすいフケの原因

30代になると20代の頃に持っていたものが徐々に無くなっていきます。といっても本格的に無くなるのは40代前くらいからですが
皮脂の分泌を調整する力が減少します。変わりに、皮脂の量そのものはどんどんと減っていきます
結局どっち?と思うかもしれませんが、乾燥・湿性(ベタつき)どちらにも傾きやすくなるバランスが悪い状態
夏になれば皮脂量の増加に悩みやすく、冬が来れば乾燥に悩みやすく、ストレスが溜まったりや生活習慣がグラつくと分泌量が調整できず増えていってしまいます
過剰分泌から来る脂っぽいフケ。20代のときに縁が無かったトラブルがちょっとずつ増え始めるのも30代の特徴
20代から引き続き壮年期に向けた分かれ道にもなりますが、20代の時期に比べて回復力が劣るので生活上の無茶・無理は禁物になっていきます

 

髪や肌、体調に衰え・・・というより変化を感じ始めたら、無視せずにメモしたり頭で覚えておいたりしておいた方が、後々改善する際に有利です
取り組む場所すら分からない、ではどうしようもないですからね^^;

 

・衰えや変化を気にし始め、改善・予防を始める
・シャンプーはマイルドなものを選び、皮脂の分泌をこちらで多少なりとも調整する

 

30代でフケの改善・予防におすすめのシャンプー
・アミノ酸シャンプー uruotte
・くちゃの恵み(頭皮用せっけん)

 

20代と変わりません。どちらも洗浄力もそこそこ、マイルドで使いやすいもの
uruotteは全体的にバランス寄り、くちゃの恵みはフケ改善より、どちらのほうが上か、ではなく用途に応じた選択がおすすめ

 

40代以降で目立ちやすいフケの原因 女性編

男性のフケの原因としては、30代以降はあまり変わっていきません
急激に減少するのは60代以降になるので、40代以降も老化とは戦っていくことになりますが、基本的な方針はほぼ同じ
バランスが悪くなっていく頭皮の皮脂と上手く付き合っていくことで、フケ予防・対策になり最終的には頭皮の廊下の老化を防いでいくことができます

 

ただ、女性の場合は話は別になってきます。これはフケの大きな原因にもなるので壮年期以降の女性の方は特に気をつけていかなければいけません
その原因は、乾燥です。ここまでお話した規模の乾燥ではなく、もっと重大な乾燥が待ち構えています

 

女性は元々男性に比べて皮脂は少なく、乾燥しやすくなっています
こうなると季節に関係なく乾燥が付きまとい、フケのリスクも常に付きまとうことになってしまいます
具体的な改善手段は、ここまでお話してきたことに加えて

 

・紫外線予防。頭皮のダメージを減らしていく
・市販シャンプーはできれば使わない。乾燥の原因は1つでも減らしていく
・頭皮に対するオイルを利用するのも手段の1つ

 

といった対策がフケの改善・予防効果として期待できますね。シャンプーに関しては・・・・

 

40代でフケの改善・予防におすすめのシャンプー
・ハイビスカスシャンプー
・くちゃの恵み
・uruotte

 

この中で一番のおすすめは、新しく入ったハイビスカスシャンプー
洗浄力はかなり控えめですが、より保湿、保水といった乾燥予防、フケ対策に特化したシャンプーです
市販のシャンプーでは皮脂を落としすぎてしまうので、壮年期以降のフケ・乾燥対策に最も効果的

 

上でもさんざんお話しましたが、バランスの良い順に並べると
uruotte>くちゃの恵み>ハイビスカスシャンプー
ですが、よりフケに対する順に並べるなら
ハイビスカスシャンプー>くちゃの恵み>uruotte
と真逆になります。どれを取るかはあなた自身が何を優先するかで決めた方がいいと思います

 

フケと年齢の関係 まとめ 〜大事になるのは生活習慣と心身の健康

長々とお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
年齢別に原因や対策を挙げてきましたが、根っこにあるのは睡眠、食事、運動などの生活習慣に心と身体の健康
当たり前のことではありますが、誰しもがどこか妥協してしまうことでもあります
ストレスはあって当然、運動する時間・寝る時間がない、食事をきっちりする時間がもったいない、なんて全く考えないひとはいませんからね^^;
ここで挙げているのはあくまでフケの関係だけかもしれませんが、フケは頭皮・髪両方のトラブルの入り口でしかありません

 

シャンプーでサポートしつつ、こうしたあなた自身の健康を考えていくことはとても良いことだと思います
取り組んでいくのは難しい部分もあるかもしれませんが、やりがいのあることだと思います。やっぱり健康が一番ですからね
どの年齢の方も関係なく、フケの対策から始める健康生活、多いにありではないでしょうか?^^

 

フケ用おすすめのシャンプー