フケ 中学生 息子

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2017/06/01 更新日:2017/06/01

フケで悩む中学生の息子さんがいるお母さんへ

中学生の息子さんとフケ

私の息子は今年(2017年)で中学2年になりますが、今年に入ってからフケで悩むようになりました。

 

シャンプーを変えたり、洗う頻度を増やしたりと色々試しているのですが改善されません。

 

よろしければ、アドバイスをいただけないでしょうか?

 

普段はあまりない投書のようなメールを頂きました。
ちょっとビックリしましたが、当サイトにまでアドバイスを求めるなんてよほど切羽詰っているのだと思います。

 

中学生時期の男の子とフケ。かなりマッチングしやすいパターンです。おそらく多くのお母さんが目にした光景ですね。
しかも中2・・・反抗期まっただ中の難しい時期ですねー・・・。今回の場合、ご本人と協力できるパターンのようなのでまだ楽な方だと思われます。

 

中学生の男の子がフケになる原因はこちら。

 

・ホルモンバランスの乱れから来るもの(特に注目したい点)
・頭皮に合わないシャンプー。
・整髪剤(ワックスやジェルなど)から。
・きちんとした洗髪方法を知らない。
・ストレスからくるもの。
・食生活の乱れ。
・生活習慣の乱れ。

 

中学生だから、という理由で起きるフケはありません。基本的にここで紹介する原因はどの年代でも起こりうる原因です。

 

他の年代との明らかな違いは起こりうる原因のアンバランスさ。
1日1日成長していく時期でもありますが、自身の成長についていくだけでも精いっぱい。
中学生の時期は心身ともに不安定な時期です。注目したい点であるホルモンバランスなんかは特に。

 

とにかく成長ホルモンが常に溢れかえっている状態。
新陳代謝はめちゃくちゃ活発で、皮脂もドバドバ分泌するのでターンオーバーが追いつかずにフケが増えるパターンがほとんど。

 

中学生時期の男の子は、ニキビが多いですよね?この時期に出るニキビは皮脂が大きく関係しています。

 

中学生の男の子にフケができるのは "当然であり、仕方がないこと" でもあります。
だからといって放っておいていいわけではありませんが、

 

「早く治させないと・・・」

 

と焦ってもいいことがありません。簡単ではありませんが、どこかで気持ち的に割り切ることも必要になることを、覚えておいて下さい!
何事も急速な改善は身体にデメリットも与えます。最初の一歩、次の一歩。少しずつ歩くのが理想です

フケを治したい中学生の息子さんへ 改善に取り組む前に

 

まず、改善に取り組む前に大事なことをやっていきましょう。
もし息子さんが、お母さんであるあなたに悩みを相談してきた場合、最初に行うのは最低限の知識を教えることです。
学校生活を送る中でフケは悪い印象しか持たれません。

 

「フケは汚い」 「フケは不潔」 「近寄るな」 「フケはなんかイヤ」

 

本来フケは汚くなんかありません。何ヶ月もお風呂に入っていない場合はさすがに・・・ですが^^;

 

息子さんと一緒に改善していく場合は、お母さん自身がフケは汚くないことを伝えて下さい。

 

中学生時期のフケは周囲が"汚い"と言えば汚くなってしまいます。
そのまま放っておくと"フケが汚い>自分が汚い" と本人の意識がどんどんネガティブで卑屈になっていってしまいます。

 

まずは、お母さん本人が息子さんにフケはネガティブなものではないことを教えてあげてください!

 

フケを治したい中学生の息子さんへ 改善前に知っておくこと

フケを改善していく前に大切になるのは、息子さんがどんな状態か知ることです。

 

・シャンプー後、頭皮と髪に雑な手入れをしていませんか?
・バランスのいい食事を取れていますか?
・毎日8時間前後寝られていますか?
・ストレスや悩みを溜めこんでいませんか?

 

シャンプー後の手入れ こんな手入れは絶対NG!

 

シャンプーの後、濡れた髪を乾かすのは当たり前。

 

あなたの息子さんは、乾かすのを面倒くさがってタオルで拭いただけの自然乾燥で済ませたりしていませんか?
もしくは、髪が濡れたまま寝ていたりしませんか?

 

どちらも雑菌の繁殖を招き、フケができる原因になりかねないので、やめさせていきます
ちなみにフケのみならず、頭皮の臭いが増すなど他にも悪影響が出てくるので、それらを突きつけてしっかりと乾かさせるのがいいかなと(笑

 

洗髪の後は、髪と頭皮をタオルで優しく拭いてから、しっかりとドライヤーをかける!

 

とにかくこれだけでも全然違うので、濡れたまま放置する子には教育的指導といきましょう^^

 

バランスのいい食事はフケ対策の道しるべ!

 

中学生の時期は、色々と背伸びしたい年頃。
食事に関しても外食を好んだり、好きなものを好きに食べたがったり、栄養バランスを崩していきやすい時期。

 

取りたい栄養分
・ビタミンA
・ビタミンB6
・ビタミンC
・亜鉛

 

取り過ぎてはいけない栄養分
・脂肪
・糖分

 

肉類の食べ過ぎ、お菓子全般の食べ過ぎは皮脂の分泌をより過剰にしてしまい、フケを増やす原因になります。

 

この辺は制限させるのが難しいかもしれませんねー・・・。
多少は制限するとしても、栄養の摂取の方に力を入れた方が早いかもしれません

 

健康的な睡眠時間と中学生

 

ご家庭にもよると思いますが、中学生頃になると夜更かしが増えたり、寝るべき時間に寝なくなったりと生活のリズムが多少なりとも狂い始めます。

 

思春期の間は寝ることはそのまま成長することでもあり、日々回復することでもあります。

 

成長と回復。どちらも頭皮には必須で、睡眠時間の減少はそのままダメージに繋がるわけですね。

 

睡眠時間は8時間前後、寝る時間帯は10時から7時の間がベストです。

 

寝かしつけるのは難しいかもしれませんが、悩みを改善するために持っておきたい知識ですね。 「寝る子は育つ」 とはよく言った言葉です。

 

ストレス、悩みについて

正直なところ、中学生時期の悩みやストレスについて、私自身専門的な知識を持ちあわせていないので、あまり突っ込んでお話はできません

 

ストレスは万病の元、と言われるほど体の全体に渡って悪影響を及ぼします。

 

フケに関してのストレス、悩みは上でお話したように、

 

汚くないこと、今の時期にはあって当然なこと、人によって違いがあること

 

をしっかりと伝えていくのが大事です。周囲の子に理解はしてもらえるかは微妙かもしれませんが、本人が事実を認識するのは大事です。

 

人によって違いがることについては、ニキビができている子もいればできていない子もいる、といった説明をすれば分かりやすいですね。

 

思春期に起きやすいトラブルではありますが個人差も当然あるので、体質的にできやすい子もいると理解してもらいましょう。

 

フケを治したいときの洗髪方法 やってはいけないシャンプーと

ここからはシャンプー、洗髪についてのお話になります。まずはお母さんに質問を!

 

あなたは息子さんに、洗髪方法について教えたことがありますか?

 

シャンプーは確かに便利ですが、使い方、洗い方を知らないと頭皮に蓄積するダメージのリスクも備えています。

 

すぐにやってしまいがちな、改善したい点をちゃっちゃかお話していきます。

 

・シャンプーを流す時は3倍時間をかける。
・シャンプーは絶対に1日1回。
・朝シャンは絶対にしない。

 

まずはこれだけ。もし息子さんがやってしまっている点があれば指摘してやめさせていきましょう。

 

シャンプーは頭皮に残りやすく、残ったままだと当然頭皮に悪い影響しか与えません。
洗剤のように目で見えるものならすぐに洗い落とせますが、頭皮の場合はまた別のお話。
頭皮は他の肌と違い薄く、毛穴も大きいので洗剤以上にシャンプーは頭皮に残りやすく、ダメージを受けやすいです。

 

すすぎはしっかりシャンプーの3倍の時間をかけます。頭皮に残さないようにですね。

 

次に、シャンプーは絶対に1日1回。これはどんなシャンプーでも、です。
下でシャンプーについてのお話もしていますが、刺激の弱いシャンプーでも1日1回は厳守する必要があります。
刺激の強いシャンプーを使っている場合は余計に、1日1回にしないといけません。
部活をしている子は夏になると、複数回シャンプーをしてしまうこともあると思うので、その時はシャンプーを使わず湯シャンに留めて下さい。

 

最後に朝シャン。シャンプー後に紫外線を浴びたりと、頭皮を晒してしまうことになるので絶対にNGです。
シャンプーの回数と同じく、朝は湯シャンだけにして頭皮はシャンプーで洗わないこと。

 

最初にこれだけ徹底してもらってください。マイナスに傾く頭皮の環境をプラス寄りにしていくことができます。

中学生の息子さんのフケを改善したい シャンプー編

 

次にお話するのはシャンプーそのもののお話。
洗い方のお話でも多少触れましたが、刺激の強いシャンプーと弱いシャンプーでフケに対するアプローチが全く変わってきます

 

大多数の方が使われているシャンプーは、実はあまり頭皮には良くないシャンプー。

 

花王、H&S、パンテーンなど、聞いたことのあるシャンプーは全て"刺激の強いシャンプー"に分類されます

 

長くなるので、詳しくは>>シャンプーで使ってはいけないのは?にてお話しています。お時間あるときにでもどうぞ^^

 

中学生の時期に、このシャンプーを使い続けること自体フケが出る可能性を上げていき、更にはここまででお話した不安定な状況が、よりフケが出てくる可能性を上げてしまいます

 

洗い方、対処方法、シャンプー。これらはお母さんが息子さんに教えてあげないと、大人になっても知らないまま、なんてこともあるんです

 

私自身、誰からも学ぶことが出来ず、小学生の頃からフケに悩み、治すことができたのは20歳も半ばになってからでした
>>私とアミノ酸シャンプー
でお話しています。あまり重要ではありませんが、もし興味がありましたら・・・

 

今現在、私は市販されている刺激の強いシャンプーを一切利用していません。
使うと頭皮が張り、かゆみが伴うので実際には利用できない、というのが正しい言い方になりますが^^;

 

簡単に刺激の強いシャンプーの説明をしますと、強い洗浄力は汚れを取りますが、一緒に頭皮の水分、皮脂、栄養といったフケを予防する要素までも取り除いてしまいます。

 

特に皮脂は頭皮を守る大切なバリア。多すぎても困りますが、少なすぎるとより困るというバランスが大切な脂。

 

実際に「yahoo知恵袋」や「教えて!Goo」と言ったネット上で相談することができるサイトでは、中学生、高校生の子達の相談が次から次へと行われています。

 

見知っている人たちには相談しにくい > だけど改善・解決はしたい > 方法が分からないから知識を持った他人に意見を聞きたい!

 

こうした流れが実際にできているんです。そして知識を持った人たちの多くはこう答えます。

 

「シャンプー合ってないのでは?変えたほうがいいよ!」

 

と。もちろん他にも理由・原因があり全てがシャンプーにあるわけではありません。
ですが、それでも多くの子たちがシャンプーを変えることを進められ、変えていきます。

 

本気で息子さんのフケの改善をしたいなら、シャンプーを変えるのは絶対にやってみて欲しい対策です。

 

中学生の息子さんのフケを改善したい おすすめのシャンプー編

シャンプーを変えるなら、刺激の強いシャンプーではなく、刺激は弱めのシャンプーを利用することがおすすめ。

 

刺激の弱めのシャンプーはアミノ酸系の成分で出来ているため、アミノ酸系シャンプーと呼ばれています。

 

このアミノ酸系シャンプーは、頭皮を洗浄するだけではなく、頭皮を保湿、保水、修繕したりするものも多いです。

 

使うだけでマイナスを積み重ねてしまう刺激の強いシャンプーと、使うだけでプラスを積み重ねられるアミノ酸系シャンプー。どちらがいいかは一目瞭然ですよね?

 

では何故、アミノ酸系シャンプーが主流になっていないのかと思われるかもしれませんが、明確な理由があるんです。

 

それは価格。刺激の強いシャンプーに比べてお金がかかる点が理由です。

 

最近では需要も増えていて、お金をかけてでも使っていきたい、という方も増えています。

 

中学生時期の男の子におすすめのアミノ酸系シャンプーは「アロマのやさしさ」というシャンプーです。

 

・洗浄力が優れている
・洗い心地が変わらない
・アミノ酸系シャンプーの中でもコスパに優れている

 

この3つのメリットがあります。アミノ酸系シャンプーは基本的に洗浄力が弱く、泡立ちにくいというデメリットも備えています。
ですが、このアロマのやさしさは洗浄力も泡立ちも良く作られています。

 

変わりに、シャンプーそのものが頭皮に若干残りやすいというデメリットも備えていますが、だからこそ、上でお話した"すすぎを長くする"ことが活きてくるわけです。

 

ここまでの改善方法と同時に、シャンプーも変えることでかなり前向きに改善に取り組んでいくことができます。

 

>>アロマのやさしさの購入はこちらから!

 

息子さんの悩みが解消されることを願っています^^ここまで長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました!

フケ用おすすめのシャンプー