フケ 改善 食事

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2017/06/18 更新日:2017/06/20

フケを改善するための食事 バランスと偏りと

フケの基本は頭皮が乾燥するかベタベタするかのどちらかですが、食事に関してはベタベタするフケ・・・湿性フケの原因になることが多いです。

 

どうしてかといいますと、ベタベタするフケが原因になる皮脂が遠因です。
遠因、つまり遠い原因なのですが、皮脂が必要以上に増加することは、頭皮に住む常在菌であるマラセチア菌の増加に繋がります。
マラセチア菌は増えすぎると、皮脂を分解して脂肪酸に変えます。変えるだけならいいのですがこの脂肪酸も増えすぎると頭皮に刺激を与えてダメージを与えていきます。
あとはあれよあれよといった感じ。遠因ではありますが直接的な原因でもあるので、食事とフケは結構近い関係でもあるんです。

 

大切になるのは、皮脂の増加とマラセチア菌の増加。これを防ぐために食事の改善が必要になる、ということ。

 

思い当たりのある方は、今すぐに!ここ1週間くらい何を食べたか思い出してみましょう!

 

朝:コンビニ 昼:吉野家 夜:マクドナルド

 

と、栄養士の方に見せたら、漫画のような怒りマークを付けた上で激おこされそうな状況になっていませんか?
いやいやサラダとか食べてますから、なんて言い分はダメですよ?この食事でちょっとしたサラダなんてほぼ無意味です!

 

栄養バランスを考えた食事は難しく、栄養を偏らせる食事は超簡単です。
私自身栄養士でもなんでもない一般人なので、献立まで責任は持てませんが、皮脂を整えるための栄養に関してと、いざというときの手段はお話できます!

 

シャンプーだけではフケの改善が・・・とお悩みのあなた。
食事に関連して考えたのは凄くいいことだと思います。最終的にはフケだけではなく健康に関しての問題にもなってきますからね。

 

では、原因と改善する方向性が見えてきたところで、始めていきましょう!

 

フケを改善するための食事 皮脂を増やす食品は?

 

まずは皮脂(=マラセチア菌)を増やしてしまう食事についてのお話から。

 

あまり食べ過ぎると、皮脂を増やしてしまうのでできるだけ避けたい食事は少なからずあります。

 

・ジャンクフード類
・お菓子類
・お酒類
・タバコ※食べ物ではありませんが^^;
・肉類※状況による

 

特にこれらの食事が当てはまりますね。
高カロリー、高糖分、高脂肪、低栄養。
この4つに当てはまるのが、特にジャンクフードとお菓子類、食事には当てはまりませんが、お酒の飲み過ぎ、タバコを吸うのもあまり好ましくないです。

 

どれくらい避ければいいのか?と言いますと、ストレスが溜まらない程度が一番だと私は個人的に思います。

 

どれだけ改善したいかの本気具合にもよると思いますが、無理して食べないようにしてもストレスが溜まりますし、リバウンドが怖いです。
徐々に食べる回数を減らして、慣らしていき、食べないことを習慣にしていくのがベストかな、と。

 

お酒とタバコ。お酒は飲み過ぎるとちょっと、という感じですが、タバコはアウトです。
タバコを吸うとビタミンCが消費されます。
ビタミンCは皮脂の分泌を抑える効果、炎症を抑える効果、免疫力の向上などかなり多くのことに関わります。
吸わない人に比べてビタミンCを余分に摂取する必要があります。

 

複数積み重なっている場合は、徐々に改善していくのがやっぱりベストです。急激な改善は身体に悪いので^^;
ポジティブに考えるなら、改善しやすいポイントが多いと捉えていきましょう。

 

フケを改善するための食事 皮脂を整える食べ物・栄養は?

ここまではマイナスを減らす改善策、ではここからはプラスを伸ばしていく改善策のお話をしていきます。

 

皮脂を整える上で大切な栄養には、ビタミンとミネラル、食物繊維、DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が挙がります。
その中でも重要な戦士とも言える栄養分はこちら!

 

・ビタミンA
・ビタミンB2
・ビタミンC
・亜鉛
・食物繊維
・DHA
・EPA

 

などなど。効果に関しては、皮脂の分泌を抑える役目を持つ、脂質や糖類をちゃっちゃと流してくれる、代謝を高める、など様々。
正直説明しだすとめちゃくちゃ長くなるので、ここでは割合します。大事なのは細かな役割よりも、何を食べればいいか、ですよね?

 

メインにしてほしい食べ物としておすすめなのが、レバーです。鶏か豚が特におすすめ。
ビタミンAとB2、鉄分、亜鉛、タンパク質、他にも葉酸やビオチンなど健康にも役立つ栄養がぎっしりと詰まっています。
更にこれはデメリットでもあるのですが、レバーは食べ過ぎると、ビタミンAが体内に溜まりすぎて副作用が起きます。

 

同じビタミンでもA、D、E、Kなどは脂溶性ビタミンと言われていて体内に蓄積するんです。
ビタミンB類やCは水溶性ビタミンと言われていて、摂り過ぎても尿として体外に出してくれるんです。

 

フケ改善のために、私自身はこの特性がメリットでもあると思っています。体内で溜まるのになんで?
レバーは食べるなら週1か2程度でいい、と言われています。
ということは、食生活を無理に変えなくともたまに食べればと気軽に始められるからです。デメリットもメリットと考えられれば得した気分です。

 

レバーがダメ!という方にはうなぎがおすすめ。似たような栄養価ですが魚なのでEPAとDHAも豊富。
レバーと同じくビタミンAが多いので、食べ過ぎに注意。

 

次におすすめしたいのは納豆。栄養価が高いのはおそらくご存知だとは思いますが、甘いです!納豆の栄養素は想像以上ですからね!
ビタミン、ミネラル、食物繊維とフケ対策に必要な栄養がモリモリでビタミンAのような摂り過ぎたらダメな栄養もないので、毎日食べられるの強みです。

 

レバーかウナギに納豆、あとはビタミンCが多い野菜類と果物類をまめに食べるように意識しておくと、かなり高確率で皮脂のコントロールが可能になると思います。

 

フケを改善するための食事 まとめ

 

・ジャンクフードは食べない
・お菓子類も食べない
・お酒はほどほどに、タバコは吸わないように
・レバーかうなぎを週に1,2回食べる習慣を付ける
・納豆と生死を共にする

 

フケ対策のための食事に関して、短くまとめるとこうなります。

 

当たり前のことばかりで難しいことはないですが、一番難しくなるのは環境だと思っています。
食事をするために時間が取れない、外食で済ませてしまう、お酒やタバコも今すぐやめるなんて無理・・・そうなったら改善するも何もありません。
そこで、紹介するのが次の方法、方法というよりはものに頼るだけの話ですが^^;

 

フケを改善するための食事 サプリメントに頼る!

忙しくて時間がない、もしくはおすすめした食事が嫌いで食べられない、など理由がある方におすすめしたいのがサプリメント。
あまり受け入れられないことも多いサプリですが、実際はかなり便利で利用価値が高いです。

 

マルチビタミン&ミネラルの混同タイプで栄養を補うのがベターですね。
個人的におすすめしたいのはディアナチュラのマルチビタミン&ミネラルか、ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル。
どちらも無添加で高品質。まとめて栄養を取るときに安心して飲み続けられるのでおすすめです。