フケ 予防 事前準備

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2017/06/22 更新日:2017/06/23

フケ予防と事前準備 予防の大切さとフケのサイレン

 

フケは出始めてから改善するのが基本と言われています。

 

どうして?それは簡単。フケは痛みを伴わないからです。

 

分かりやすいのは虫歯です。数多くの人が多少なりとも痛み始めてから歯医者さんに通い始めると思います。
それまでは少しくらいの違和感なら放っておいても・・・となっちゃうのは人の習性ですね。当てはまらない人はごめんなさい><

 

フケには痛みはなく、出始めの段階なら対して何かしらの悪影響があるわけでもありません。
ただ単純に白い粉状のものが頭、髪からつたって落ちてくる。それだけです。

 

ではなぜフケを予防する必要があるのでしょうか。無視しておいても特に影響がないなら予防なんていらないのでは?

 

・・・と思われるかもしれません。ですが、この認識は甘いです。
頭皮と髪から白い粉が落ちてくる、これが純粋にイヤだ、汚く見られる、という理由も多少はあります。本来フケは汚くはないのですが、これはまたおいおいお話します。

 

頭皮の異常と言えばフケの他に、かゆみ、炎症、臭い、抜け毛の増加、髪が薄くなる(成長が追いつかなくなる)などたくさんあります。
フケとは、頭皮の異常の最初期の症状。何かしら原因があって、頭皮に悪い影響が出始めているよ、というサイレンでもあるんです。

 

痛みもなく、違和感もない。ただ白い粉が出るだけ。これが一番最初のサイレンです。
何気ない日に見たフケは、会社で上司に肩をトントン、と叩かれたサラリーマンのごとく。

 

「あなた、このまま何もしないとどんどんリストラ(ハゲ)に近づくよ?」

 

と優しく教えてくれます。ここに痛みなんてあったらたまったもんじゃありません。

 

このサイレンを見逃した人の多くが、何かしら頭皮にトラブルを抱え、悩みを抱えることになります。
改善という長い長い道のりを歩き始めなければいけなくなるんです。

 

どうでしょうか。少しはフケ予防の大切さ、伝わりましたか?無視するとハゲという死神が少しずつ近づいてきます。男性、女性共に、です。

 

フケが出ていない時期、もしくはちょっと出始めたかもしれない時期から予防することはかなり有効な手段です。
フケは様々な原因の積み重ね。少しずつ積もった原因が、気が付けば頭皮の表面に表れます。
一気に改善するのは不可能。人体に急激な改善は毒です。少しずつ、丁寧な行動を習慣にしていかなければいけません。

 

だからこその予防、先に防いでおくことでよりよい頭皮と髪の環境へ繋ぐことができます。

 

もしかしたらまだ重い腰を上げられないあなた、実際にどんな取り組みがあるのか、知ってからでも遅くはないですよ?

 

フケ予防と事前準備 紹介するのは4つの予防策!

 

予防といっても特に難しいことをする必要はありません!必要な物を揃え、必要なことをするだけです。
というわけで4つの予防策をお話していきたいと思います。

 

ちょっと長くなるので記事を分けさせていただきました。ここでは触りをお話していきます!

 

・フケと予防 シャンプー編
まず最初にシャンプーについて。一緒に洗い方のお話もしています。
どういうシャンプーが予防に最適で、なぜダメなシャンプーはダメなのか。
予防としてはダメージを受けないシャンプーで、しっかりとした洗い方を実践できればそれだけで十分効果があります。

 

・フケと予防 ドライヤーと櫛編
洗髪後のドライヤーと櫛の入れ方について。おすすめのドライヤー、櫛についても。
特に男性は適当にやっていることも多いので、ちまちましたダメージの蓄積にもなってしまいます。

 

・フケと予防 環境編
クーラー、暖房、紫外線などの外的な環境や食生活、睡眠、ストレスなど内的な環境。
様々な状況下で起きやすいフケの予防について。

 

・フケと予防 知識と意識編
誰も教えてくれない、フケを含めた頭皮や髪の知識。
知らないことから来てしまう意識の低さ。この辺について。

 

という4つ。総勢1万文字数を超える大巨編!(の予定)
フケを予防したい人にはもちろん、子供さんにフケ対策をしたいお父さんお母さん、ちょっとフケになる危険がありそうな彼氏彼女。
自分だけではなく人に伝えてもいい内容である!・・・と思います(小声)

 

どうせ改善するなら予防しましょう。ぜひ取り組んでみてください!