フケと頭皮の皮脂

ベタベタによるフケと皮脂の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

ベタベタした頭皮から出てくるちょっと普通より大きいフケ・・・
皮脂を原因としているので、湿性フケや脂性フケという風に呼ばれます
皮脂が間違った分泌の仕方をし、微生物・細菌がそれを餌に繁殖することが主な原因です

 

それだけではなく、新陳代謝の低下によるもの、整髪料の洗い残しなど、不摂生な行動によって生まれるフケです

 

乾燥によるフケよりもどちらかというと湿性フケの方が、不衛生・不潔な状況で出やすいです
大きさもちょっと乾性フケよりも少し大きめで、頭皮にくっついており
シャンプーしてから短時間でベタベタになりやすいときはこっちのフケの可能性が高いです

 

皮脂と細菌などが混ざり合って出来た湿性フケ。どんな行動を取っているとフケが出てくるんでしょうか?
間違った皮脂の分泌とは?微生物がどうして皮脂と結びつくのでしょうか

 

 

皮脂の持つメリットとデメリット

 

そもそも皮脂の役割は頭皮の水分と、頭皮そのものを守ることです

 

ただそのためには、増えすぎず無くしすぎず
シーソーがどちらに傾いてもいい影響が出ないので、とても扱いが難しいんです
その変わりに、きちんと扱うことができれば、フケがない健康的な髪と頭皮が保たれます
これが皮脂が持つ最大のメリットです

 

デメリットはその逆。シーソーがどちらからに傾いた時です

 

皮脂がなくなると、乾燥による悪影響・・・乾性フケが増え、バリアもなくなり紫外線やホコリなど汚れが頭皮に直接ダメージを与えます

 

皮脂が増えすぎると、湿性フケを中心に増えた皮脂が毛穴に覆いかぶさり、抜け毛を促進させます

 

どちらも速効性があるわけではありません。長い年月をかけてジワジワと忍び寄ります
それこそ薄毛になるのが5年、10年早くなるというもの。普通に生活している限り分かりません

 

フケのみならず、髪そのものにも異常を出す可能性もある皮脂

 

良くも悪くも役割がはっきりした皮脂。増えやすい原因は体の内外関わらずにあります

 

 

皮脂が異常分泌してしまう3つの理由

 

皮脂が異常に出る時は、必ず何かしらの原因があります
お風呂に数日入っていないというのは無しでお願いします。フケは当然出ますからね
身を綺麗にした上で、尚且つ異常分泌する理由を3つ挙げていきたいと思います

 

ストレスによる皮脂の分泌異常

 

ストレスはとにかく体を傷つける嫌な原因
抜け毛を進める症状が満載。頭皮を固くする、炎症させる、髪質を悪化させるなどのこともストレスから起こります

 

理由は、皮脂が本来行うべき正常な分泌の流れを乱し、混乱をさせるためです
放置してしまうと湿性フケどころか脂漏性皮膚炎という、頭皮ケアだけではどうにもならない症状まで出てきます

 

出来うる限り軽減しておきたい要素の1つです
そもそも頭皮のみの問題ではなくなってしまいます

 

運動不足による皮脂の分泌

 

運動しない、しなくなると体の脂肪の代謝が正常に出来なくなります
脂肪の中には、皮脂を過剰に分泌させるものもあります

 

他にも頭皮だと特に他の場所以上に血行不良になりやすく、頭皮に栄養が行き届かなくなるなど
皮脂とフケだけではないですが、さすがにストレスよりはマシですが、運動不足も体にも頭皮にもよくありません
歩く程度の習慣だけでも、付けておいて損はないと思います

 

食生活の偏りによる皮脂の分泌

 

近年では食事が偏った人が多くなりました。特に10代〜30代の若い人に

 

皮脂、油というと恐らく思い当たるでしょう、肉類の食べ過ぎによるものですね
それだけではなく、糖分なども食べ過ぎると皮脂の過剰分泌にも繋がりフケを出してしまいます
頭皮への影響はそれほどないので、数ある原因の1つと捉えてちょっと食生活を変えてみれば大丈夫だと思います

 

頭皮の皮脂とフケ。怖いのは原因の重なり

 

3つ挙げた原因は、それぞれ1つずつ症状が出るわけではありません
こうした原因が重なり、皮脂が分泌していくことでフケは収まらずに出続けます

 

皮脂の異常分泌の原因を知らないまま、フケだけを洗い落としても結局同じようにフケは出てきます
逆にシャンプーの回数を増やしたり、刺激を与えると余計に傷つけ、フケ以上の悪影響が頭皮を襲います

 

湿性フケを減らすためには、シャンプーそのものを皮脂が適度に保てるものにした上で
根本となる3つの原因に対処していくことで、湿性フケを減らしていくことができます

 

バランスを保つことさえできれば、皮脂は最良のパートナーとしてあなたの頭皮を守ってくれます

 

フケ用おすすめのシャンプー