フケ シャンプー 多い

フケが多いと気になる"視線"

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フケが多い

フケはできる原因がたくさんあり、自覚がないまま原因を重ねていくと、フケは減ることなく頭皮から出続けます

 

原因が重なりフケが多くなってくると、気になるのがパラパラ落ちていくフケ

 

 

仕事や学校などで、自分の来ている服の肩の部分にこぼれるフケ・・・
食事中ちょっとした動作で食べ物に落ちるし・・・
部屋でゆっくりしていても、部屋が汚れるし・・・

 

周りに対して"フケがある"と自分で考えるだけでビクビクしてしまいますよね

 

私自身の実体験ですが怖かったのは、後頭部の首筋から肩にかけて
目に見えない範囲のことが、とにかく気になりました
常に人に見られないように肩や背中を見るために、キョロキョロと後ろを気にしていましたね

 

フケが多いと、神経過敏になりがちで、常に周囲の視線が気になり
あなた自身がストレスも溜まっていき、余計に悪循環に陥ります

 

そんなフケを改善していくために抑えていきたいポイントをお話していきましょう

フケが多いときに取るべき2つの行動

 

まず取るべきポイントは、じっくりと頭皮からフケを無くしていくことではありません

 

え?フケを無くさないと意味がないのでは?

 

いいえ!普通にフケを改善していくために必要ですし、フケが多い時にも必要なのですが
優先順位が違うんです。フケが多いときは、まずどうやって抑えていけるかという点が重要です

 

まず、フケそのものを改善しようとすると、時間が必要になります
改善するまでの時間、フケが多い悩みは放置してしまうことに・・・
3ヶ月半年と治していく中、フケで周りを気にして、ストレスを抱えて落ち込んでいくのは本末転倒

 

パラパラと落ちてくるフケは、乾燥が原因

 

乾燥を無くし、頭皮を水分で潤すことがまず前提条件
※乾燥する条件に関しては、フケの原因と乾燥を参考にどうぞ^^

 

ここではいかに素早くできることをやるか、という点に注目し
とっておきたい行動を2つ挙げました。簡単に続けやすいものを選んでみたので。フケが多いという悩みの方に!

 

頭皮用のオイル・ローションを使う

 

頭皮の乾燥に対して、乾燥を抑える・予防できるオイル、もしくはローションは効果的な手段の1つ
乾燥を防ぐために、皮脂の変わりに油を引いて、水分を残しておくことができます

 

とは言え、一時しのぎ程度なのでオイルによるケアは過信できません
あくまで頭皮ケアをする上で、効果が出ない時期の補完する意味合いで使うといいと思います

 

おすすめはホホバオイルです
ホホバという保水・保湿性能が極めて高い植物をメインに、オイルとして生み出すことで
オイルとして油を頭皮に残しつつ、保水をすることでフケに対することができます

 

使うタイミングは、シャンプーの前。オイルを頭皮に塗り、10分程度蒸らしてから洗髪します
毛穴にオイルが残り、保水と保湿を行い、フケができないように働きかけます

 

いきなり効くわけではないですが、比較的即効性も高く
ホホバオイルの価格は安いものだと1.000円程度で、コスパも悪くありませんがおすすめは無印かナチュラルオーケストラのホホバオイルです

 

無印良品のホホバオイル ナチュラルオーケストラのホホバオイル

 

無印はコスパに優れたお手軽なホホバオイル、ナチュラルオーケストラはフケを含め乾燥に対して本格的に取り組む際に役に立つホホバオイルです

 

具体的にもっとホホバオイルについてお話もさせていただいています

気になるフケの多い状況の改善法! シャンプーの頻度を抑える

 

刺激の強いシャンプーは頭皮の乾燥を進めてしまう可能性が高いんです
当サイトでは使わないことを推奨している市販シャンプーで、1日数回シャンプーするなんて以ての外
刺激の弱めなアミノ酸系シャンプーですら1日1回が基本です。市販シャンプーで複数回頭を洗う行為は頭皮の自傷行為と言っても間違いじゃありません^^;

 

更に人が思っている以上に、頭皮はシャンプーを必要としておらず
1日何回もシャンプーをしてしまうと、人によっては驚くべき早さで乾燥させることもあります。元々乾燥肌の人は特に

 

フケの即効性対策の1つ。シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪しましょう!

 

「でも、汚れって取れるの?」

 

実は、問題なく取れるんですよ。驚きです
ちなみに刺激の強いシャンプーの効果は洗浄効果よりも、ツヤ出し・・・キュキュっとなる髪の感触
「髪めっちゃ洗ったなー!」って爽快感がほとんど役割だと言っても間違いじゃありません

 

エッセ○シャルのシャンプーに

 

「かわいいはつくれる」

 

というキャッチコピーがありますが、かわいさの変わりにフケが出るかも・・・なんてたまったものではありません
(そもそも、大企業はCMでタレントを使う費用を、もっとシャンプー自体に向けて欲しいです)

 

もし1日複数回シャンプーをしている人は絶対に止めましょう。わりと本気で危険です。髪にも頭皮にも
さらに朝洗髪する場合は、お湯にすること。朝シャンすると、皮脂が除かれて頭皮に紫外線を直撃
フケどころか、髪が生える環境すら無くしてしまうかもしれません

 

シャンプーを使う頻度自体は、2日に1回程度で構いません
ただし、シャンプーで洗うときよりもしっかりと時間をかけて揉み洗いをすること!
きちんとした洗い方についてはこちらへどうぞ

 

いくらシャンプーで髪のツヤを演出できても、根本を崩してしまうようでは意味がありません
髪の健康はもっと地味なケアを続けることで生まれます!洗髪もその1つ。ぜひやってみてください^^

 

シャンプーの頻度を抑えるために

・シャンプーか2日に1回。最低でも1日1回
・朝シャンはしないか、お湯のみ。朝洗髪時はダメ
・正しい洗い方をする。洗髪を丁寧に時間をかけて

フケが多いときの対策と頭皮ケアと

 

ちょっとはお話しましたが、あくまでも一時しのぎ
きちんとした頭皮ケアを行い、根本からフケが出ない頭皮を作らないと結局すぐにフケが多くなってきます

 

かといって、できるだけ即効性の高いこともやらないと、長い目で見ることになる頭皮ケアだけでは
やる気を保つことができなくなります。人って目で見える効果が出ないとダメなんですよね・・・

 

皮脂も水分もバランスが必要ですが、頭皮ケアも同様に長期でやるものと短期でやるもの
この2つのバランスが大切。満遍なく頭皮ケアをやれるように意識してみてください

 

長期の頭皮ケアにシャンプーの厳選が必須

 

長期的な頭皮ケアに、シャンプーの交換は必須です
刺激の強いシャンプーはフケを誘い、頭皮を傷つけます

 

そもそも市販シャンプーが売れているのは安いから。シャンプー=安いのは当たり前かもしれません
ですが、結局安さの変わりにあなた自身が損をしてることにお気付きでしょうか?

 

あなた自身がもし始めから低刺激のきちんとしたシャンプーを使っていれば、こうやってフケが多い、フケを治したい、と考える時間、手間、費用、全て必要なかったんですよ。極論かもしれませんが、安さの変わりに失っているものも多数あるんです。フケが多い原因を作る理由もまた、その安さにもあるわけですからね

 

フケが多い状況がまずおかしいと気付いて下さい。そんな状況を改善していきたいならシャンプーを変えることは推奨ではなく必須レベルです
使うならアロマのやさしさです。低刺激ながら泡立ちが良く、シャンプーの成分を作る製造過程から全て公開していて、信頼できるのは間違いないです!

 

アロマのやさしさ

当サイトイチオシのシャンプー

アロマのやさしさ

 アロマのやさしさ

頭皮へのやさしさ、使う人へのやさしさ。アロマの名前の通り、ふんわりとしたアロマの匂いと雰囲気を持ったシャンプー
ダメージケア、保湿力アップ、泡立ちの良さも合わせて、使う側のことを"よく分かっている"シャンプーです