フケ シャンプー やさしい

髪にやさしいシャンプーの条件

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

髪にやさしいシャンプーの条件って何なんでしょうか?

 

今、スーパーに行くと、たくさんのメーカーが販売しているたくさんの商品が並んでいます

 

「成分表記もなんとかナトリウム、なんとか酸なになに、とか水とかも書いてるし
え?何が入っていればいいの?結局どんなシャンプーがやさしいの?」

 

そう困惑するのも当然です。ではやさしいシャンプーの条件を挙げてみましょう

 

・アミノ酸の低刺激成分で作られている
・ベタイン系両性界面活性剤で作られている
・市販品のシャンプーではないこと

 

この3つです。アミノ酸とベタインは似た成分で、どちらも低刺激で優しい作り

 

残念ながらスーパーに買いに行っても、髪にやさしいシャンプーはほぼありません

 

なので、市販品で比較的に安い値段で売られているシャンプーを購入している方は
現状、髪にやさしくないシャンプーを使っているということです

 

もっと詳しいことはフケの原因と乾燥で解説しています。興味がある方はこちらもどうぞ

 

簡単に言うと、安い価格で、生産性を重視した結果、どこのメーカーも似たような髪にやさしくないシャンプーばかりになってしまったということです

 

「洗えばスッキリするし、仕上がりもいいのに、何がダメなの?」

 

その疑問も、残念ながら理由があるんです・・・

 

 

髪の仕上がりと髪へのやさしさは無関係

 

市販品のシャンプーは使うと、とてもサッパリ・スッキリし、洗ったあとすすいでいるとキュッキュッっと気持ちのいい音がします

 

そりゃそうです!見かけ上そうなる成分が入っていますからね、全く髪にやさしさがありませんが・・・

 

逆にそうした見かけ上の気持ちよさとは別に、見えない部分に対してどんどん攻撃してしまっています

 

ハリボテのお城と一緒で、よーく見てみるとこれおかしいよね?となるのですが、そこまで知らない人も多いです

 

・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸TEA
・オレフィン(C14-16)スルホン酸ナトリウム

 

この辺りが成分表示の上位に乗っていれば注意が必要
※シャンプーは成分表示が上になるほど多く含まれており、大体一番目に来るのは水になります

 

・ココイルグルタミン酸ナトリウム
・ココイルメチルタウリンナトリウム
・ラウロイルメチルタウリンナトリウム

 

アミノ酸系で多いのはこれらの成分です
安全で低刺激、洗浄力は控えめですが、洗い方1つでどうとでもなるので弱点という弱点にもならないですね

 

・コカミドプロピルベタイン
・ラウリルベタイン
・ラウラミドプロピルベタイン

 

ベタイン系両性界面活性剤と呼ばれる成分です
アミノ酸系と同様に安全性が高く、低刺激で洗浄力がそれなり

 

一度アミノ酸系・ベタイン系を市販品で探してみてください
髪にやさしいこれらの成分は入っていない、もしくは入っていてもごく少量です
面白いことに、成分表示が凄く下の方にあるにも関わらず

 

今 話 題 の ○ ○ (成分) を 入 れ ま し た

 

1mgでも入っていれこう言えます。騙されちゃダメですよー

 

 

髪にやさしいシャンプー、本当の条件は作り手の"気持ち"

 

市販品のシャンプーは販売できるメーカーは大手です
同じ大手を出し抜くのも追い越すのもダメ
となると、必然的に似たような値段の似たようなシャンプーを売るためだけに作っています
私たち使う側のことなんて考えられてもいません

 

アミノ酸系・ベタイン系のシャンプーは値段も高価になるというデメリットも抱えています
高価な分、まずい商品を売ると一瞬で淘汰されます

 

大手ほどの宣伝力、知名度もないのでその分シャンプー自体に力を入れて

 

「知る人ぞ知る」

 

商品を作ることも多く、自然と髪にやさしいシャンプーが多くなるんです
成分をちょっと知っているだけでも、選ぶ際に役立ちます

 

・髪にやさしいシャンプーは成分を見ることである程度把握できる
・市販品シャンプーは髪にやさしくない

 

フケ用おすすめのシャンプー